特製味噌の美味しいみそラーメンを食べるなら、群馬、埼玉、栃木、長野、新潟のおおぎやへ。

おおぎやについて

1972年に刻んだ、おおぎやの“はじまり”

看板メニューは時代の風に乗って

preimage1

株式会社おおぎやフーズはラーメンレストランを多店舗展開しております。現在、関東・信越エリアに59店舗。創業から40年、この間いつも「着実に一歩一歩」をモットーに歩んでまいりました。

第1号店は1972年、群馬県安中市の国道18号線沿いに、名のある専門店のメンバー店としてオープン。グランドメニューのトップを飾ったのは「味噌ラーメン」でした。シャキシャキしたもやしとツルツル感の豊かな太麺が、鶏がら・豚がらベースの味噌スープと絡み合い、「これぞラーメン!!」「一度食べたらまた食べたくなる」と評判に。お客さまの口から口へ伝わり、いつの間にか看板メニューになりました。味噌スープに使われる味噌やニンニクが、健康志向の時代にマッチしていたことにもよるのでしょう。

数あるメニューのなかで、「味噌ラーメン」は現在もお客さま支持率ナンバーワン。いまでは自社工場で作られるこだわりの麺、そして自社で調合する特製味噌が、美味しさと安心を支えています。

末広がりの要は人

私たちが2号店、3号店を出店したのは安中店の開店から10年以上たった1986年でした。この年、本庄店と倉賀野店がオープン、翌年には藤岡店、群馬町店、さらにその翌年には沼田店が誕生しています。こうして一歩一歩基盤を確かなものにして、1992年「おおぎや」ブランドを設立しました。その名には、開いた扇の形のように「末広がり」でありたいという願いが込められています。

この扇の要となるのは、志を同じくする「人」であると考え、人の育成には少なからぬ力を注いできました。次々と新しい店舗をスタートさせることができたのも、人が育ち、ようやく扇が広がり始めた時期だったからと言えます。

おおぎやでは新しい店舗が開店する日には、お客さまとのご縁を大切にしたいとの思いを込めて「5円ラーメン」をご提供しています。限定1000食ですが、いつも予定数をはるかにオーバー。この日の売上金は全額福祉事業に寄付してまいりました。いまやラーメンは国民食と言われるほど、身近な食文化となっています。その担い手となる私たちには、信頼に足るための努力を不断に重ねる責務があると、肝に銘じております。

preimage2